家出少女を救済してくれるのなら、ホームレスの方々にもぜひ救いの手を差し伸べて頂きたいものです。

 

もちろん、家出少女に救いの手を差し伸べる男性たちはボランティア精神ではなく、やはり少女と身体の関係を持ちたいというのが本音だと思います。

 

中学生、高校生の時に家出をした経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

学校や家庭環境に不満を抱え、教師や親が思っている以上に生きることにさえも悲観的になってしまう少女たち…
そんな少女たちは「今の現状から逃れたい」「消えてしまいたい」という切望を抱くようになります。

 

ある時、親と喧嘩して家出をしたと言う少女が、インターネット上のコミュニティ掲示板に書き込みをしたのです。家出中の少女は、お金もなく、食事することさえできず途方に暮れているので誰か助けて欲しい、と書き込み、その家出少女の訴えに対するたくさんの書き込みがあったことは言うまでもありません。

 

しかしそれだけでは終わらなかったのです。

 

ある大人が、食事と泊まる場所を提供してあげるという書き込みをしたのです…

 

そして、その家出少女はその大人のおかげで援助を受けられたらしいのですが、このやり取りがインターネット上で広まるのに時間などかかるわけもなく…
家出する女の子が急増、さらに同じようにコミュニティ掲示板に男性へ救助を求めるというケースが次々と起こるようになりました。

 

さらに他の掲示板でも家出娘と救済する男性とのやり取りが多発してしまったのです。

 

家出した少女たちは助けてくれる男性のことを“神”と呼ぶようになり、この急激な流行とも言えるやり取りの増加に目をつけたのが、現在の“神待ちサイト”の運営者が生まれたきっかけです。

 

「家出して困っている女の子を助けてあげてください」という掲示板サイトを立ち上げて運営することで、そのサイトに登録した男性から利益を得る、という新しいビジネスが形成されたのです。

 

ところが、きっかけは確かに家出した少女の書き込みから始まったこの“神待ちサイト”ですが、今の“神待ちサイト”と大きく異なるのは、家出少女が家出少女ではなくなっているという点です。

 

つまり、現在“神待ち掲示板”を利用する女の子たちは、実際に家出をして困っているわけではなく、ただ男性に食事や宿泊先などの贅沢をさせてもらいたいという目的で“神待ち掲示板”を利用しているのです。

 

その理由は“神待ちサイト”運営側がこの少女たちの願望と男性側の欲望をうまく利用してビジネスにしてしまったからだと言えます。

 

非常に都合のいい新しいビジネスがここに誕生してしまったのです。

 

“神待ちサイト”の運営方針は、家出少女を救済することが目的であり“異性紹介事業”ではないのです。

 

少女側の願望は満たされるかもしれませんね?
しかし、通常の援助交際でもなく、割り切った出会い系でもないこのサイトを利用しても、男性の欲望が満たされることなどあり得ないのです…

 

 

項目別神待ちサイト徹底比較

 

神待ちサイト総合ランキング