“神待ちサイト”のサクラだらけサイトに引っ掛かった場合については、説明する必要はないかもしれませんが、念のため注意をしておいてください。

 

サクラだらけというのはつまり、サイトを閲覧していると女の子がいるかのように見えるのですが、それはただの写真だけだということです。

 

写真の可愛らしさに惹かれて登録したところで、少女からの返答がないどころか、突然迷惑メールが自分のメールアドレスに殺到したというケースが大変多いのです。

 

サクラの大好物は、男性のメールアドレスです。くれぐれもご注意を…

 

そして、サクラもいますが似非家出少女が実際に男性のお相手をしてくれるサイトもあります。
出会えた!ラッキー!などと間違っても浮かれることのないように…

 

“神待ちサイト”は通常の出会い系サイトとは大きく異なります。
また、少女たちも援助交際というつもりで出会っているわけでもないのです。

 

全ては運営側が“家出少女救済だけを目的としていること”が原因となっています。

 

異性紹介事業を一切名乗らない運営側は、年齢確認も行っているのかどうかわかりません。
もし行っていたとしても、通常の出会い系サイトのような本人確認をしているわけでもなく、本人の自己申告で通っているサイトがほとんどです。
そのため、遊びたい盛りの18歳未満の児童たちにとっては好都合とも言えるでしょう。

 

04でも触れましたが、18歳未満と関係を持ってしまったら最後、出会い系サイト規制法に違反するだけではありません。
売春防止法に引っかかってしまうどころか、青少年健全育成条例や児童福祉法にも違法性を問われることになってしまいます。

 

すべては、相手の女性が18歳未満の児童であるばかりに起こってしまう事態なのです。

 

そこまでして児童は法に守られなければならないのか!と憤りを抑えきれない気持ちもあるかもしれません。
しかし、どんなに生意気な小娘であっても、18歳未満の児童はやはり子供なのです…

 

法で守られていることを利用して様々な悪事を行っているのでしょうが、その甘い考えすら自分自身を危険にさらしているにも気づかない、非常に幼い考えの持ち主だと言えるでしょう。

 

 

項目別神待ちサイト徹底比較

 

神待ちサイト総合ランキング