コミュニティ掲示板の書き込みから爆発的に広まった“神待ちサイト”ですが、現在は当初のものからすっかり姿を変えてしまいました。

 

ここでは“神待ちサイト”に2つのパターンがあることをご説明ましょう。

 

1.家出少女など存在しないサクラしかいないサイト
2.“家出少女になりすました少女”に実際に会えるサイト

 

なんだ!実際に女の子に会えるサイトがあるんじゃないか!…と安心してはいけません。

 

繰り返しますが“神待ちサイト”は異性紹介事業として運営しておりません。

 

そのため、例え2つ目の実際に出会えるサイトを利用したところで、もちろん援助の見返りとしての性行為など期待できないのです。

 

そしてとても注意してもらいたいことがあるのですが、もし後者の“神待ち掲示板”を利用して、実際に女の子と出会え、食事などのお礼にと性行為に及んでしまったとしましょう。

 

“神待ち掲示板”の恐さは、通常の援助交際や、出会い系サイトなら起こらないはずの事態が発生するところにあります。

 

出会った少女が18歳未満である可能性が非常に高いのです。

 

今までそして現在も頑として異性紹介事業を名乗ろうとしない“神待ちサイト”運営側ですが、その理由の一つはここにあります。

 

異性紹介事業として営業する場合は、“出会い系サイト規制法(インターネット異性紹介事業を利用して自動を誘引する行為の規制等に関する法律)”を避けて通ることはできません。

 

“出会い系サイト規制法”では、18歳未満の児童を誘うような書き込みをした男性、出会い系サイトだとわかって利用した18未満の児童が罰則の対象となりますが、もちろんそのサイトを運営して18歳未満の児童がいるかどうかの確認を怠った管理側も罪に問われることになります。

 

“神待ちサイト”運営者は、この法律をするりとかわして責任を一切負うことなく営業しているのです。

 

異性紹介事業を名乗らない運営側のメリットはこれだけではありません。

 

一般の出会い系サイトを運営する事業者は、様々な届出を行う必要がありもちろん18歳未満の児童がそのサイトを利用しないように対策をし、本人確認によって年齢をきちんと確かめ、国の法に触れることなく管理、運営をしなければなりません。

 

要するに、こういっためんどくさい手続きもしたくない、もっと軽い気持ちで稼ぎたいというのが“神待ち掲示板”の特徴です。

 

そのため、18歳未満の児童と知らずにうっかり手を出してしまい、違法行為に問われる危険性が非常に高いのです。

 

先に私は、新しいビジネスという表現をしましたが、これはビジネスと言えるものではありませんよね…

 

 

項目別神待ちサイト徹底比較

 

神待ちサイト総合ランキング