“神待ち掲示板”には、家出少女など存在せず、サクラばかり若しくは似非家出少女…

 

ところで、最初に家出の書き込みをした少女ですが、その少女は本当に男性に助けてもらえたと思いますか?

 

勢いで家出をしたのか等の詳しいことはわかりませんが、個人的には、救済を申し出た男性には下心があったとしか思えません…

 

“出会い系サイト規制法”について少し説明しましたが、男性は掲示板に18歳未満の児童を誘う書き込みをすることすらもちろん違法ですよね。

 

だから隠語が生まれたのです。

 

知識のない人には暗号としか見えない隠語の組み合わせ、それが今でもコミュニティ掲示板に書かれているのですから、“神待ちサイト”の運営者が現れなかったとしても、型のない出会い系のようなやり取りが続いていたのではないでしょうか?

 

男性には若い女の子への欲望があり、それをよく知っているのが18歳未満の少女たちです。

 

“神待ち掲示板”を利用して、高級な食事やホテルを要求されただけなら運が良かったと思ってくださいね。

 

少女たちは、私たちが思っている以上に考える頭を持っています。
自分が18歳未満であることを利用して、男性を脅してくるケースも実際にあるのです。

 

もちろん、一人の小娘が脅してきても可愛らしいものですが、“神待ち掲示板”を“利用”しているのは登録している会員だけではありません。
小遣い稼ぎに使ってやろうと考える輩もいるというわけです。
少女を利用して、男性の弱みを握った連中は様々な脅しをしてきます。
これは実際に犠牲に遭った男性が多いケースです。
くれぐれも気をつけて頂きたいのです。

 

そして、形としては少女の仲間だと言い、少女と手を組んでいる輩も、おそらく少女を餌に使っているだけで、ただの小遣い稼ぎに遊んでいるだけだとも思えませんよね…

 

“神待ちサイト”運営側は、このようなトラブルが起こっても、男性にはもちろん、未成年の少女たちへもその危険性を知らせることなどありません。

 

異性紹介事業を名乗らない“神待ち掲示板”を利用してしまった男性は、援助の見返りとしての性行為などももちろん期待できない、それだけならまだしも、違法行為を犯し、犯罪者になる危険性さえあるのです。

 

 

項目別神待ちサイト徹底比較

 

神待ちサイト総合ランキング